私のメモ代わり

徳島の子育て情報発信中!

【徳島】育児中に頼った先輩ママボランティアのサポート【ホームスタートとくしま 無料の子育て支援】

3人目妊娠中、ホームスタートとくしまを利用しました。

ホームスタートとくしまは、育児や子育てに困った時に頼れる、無料の家庭訪問型子育て支援です。

徳島だけでなく全国で広がっているようです。

私は妊娠中に利用して、とても助かりました。

困っている方、ちょっと誰かに助けて欲しいママのための支援です。

家庭訪問型子育て支援 ホームスタートとくしま とは

子育て中の家庭を先輩ママボランティアがサポートしてくれる

困っているママを助けてくれます。子育ての不安や孤立感の解消を支援してくれます。

f:id:usagito:20170929123652j:plain

利用は無料です

f:id:usagito:20170929123718j:plain

こんなことで困っているお母さん

  • 子育てって大変!イライラする…
  • ママになった私にも時には「お母みたいな人」が欲しい
  • 公園や買い物、病院や検診に一緒に行って欲しい
  • 子育てひろばなどに1人で行く勇気がない
  • 友だちが周りにいなくて家にこもりがち
  • 引っ越して来たばかりで周りに友だちがいない
  • 3つ子、双子、年子の子育て中で毎日大変…外出もおっくう
  • 下の子が生まれてから上の子と遊ぶ時間が持てない
  • 話し相手がいなくて寂しい

ほとんどが共感する内容ばかりです。

先輩ママがしてくれること

  • 友だちのように寄り添いながら話に耳を傾けてくれる
  • あなたと一緒に子どもと遊んだり、家事をしてくれる
  • 元気になるお手伝いをしてくれる

具体的にはこの表の通り。ファミサポと徳島市の産前産後ヘルパーとの比較表です。

f:id:usagito:20170929123229j:plain

年齢は未就学児(6歳まで)で、家事・育児(一緒にしてくれる)、相談(お話を聴いて一緒考えてくれる)ことは出来て、

子供の預かりや送迎は出来ないそうです。

そもそも「ホームスタート」とは

1973年に英国で始まった「家庭訪問型子育て支援事業」です。

現在では約22カ国、日本では76ヶ所(2015年1月時点)で取り組まれています。

ホームスタートの研修(40時間)を受けた先輩ママボランティアの方を「ホームビジター」と呼んでいます。そして調整役の「オーガナイザー」と一緒に、子育て中のあなたをサポートしていきます。

※チラシより引用

f:id:usagito:20170929123534j:plain

実際に支援を受けた経緯と感想・体験談

申し込んだ経緯

3人目妊娠中に切迫流産・切迫早産になり自宅安静となりました。

長男3歳次男1歳。病院の検診や動物病院に行った時に、まだまだじっと待っていられない2人の面倒を待合室で見ているのが大変だったので申し込みました。

具体的に何が大変かと言うと

  • 待合室から走って行って、勝手にドアを開けて外に出ようとする→追いかけて抱っこするとお腹が張って痛い
  • 椅子に靴のままあがろうとする→しゃがんで靴を脱がしたり抱っこで下ろしたりするとお腹が張って痛い
  • 病院のおもちゃに飽きて2人がバラバラに行動する→それぞれ追いかけて…以下略
  • チャイルドシートに子供を座らせる時や降ろす時の抱っこがお腹の負担になって辛い
  • そもそも切迫早産で抱っこ禁止されている、外出禁止、できる限り寝ているように言われるも、病院の妊婦健診などは行かざるを得ない

と言う感じでした。

チラシを見て「このくらいのことで申し込んでいいんだろうか…」と言う不安があったのですが、申し込んで本当に良かったです。

実際に支援を受けた感想

病院で待ち合わせて、診察までの待ち時間、診察中に待合室で2人の子供の面倒を一緒に見てもらいました。

お腹がよく張っていたので、ゆっくり座っていられること、ものすごくありがたかったです。

子供たちもすぐに馴染んで、一緒に絵本を読んだりぬいぐるみで遊んで楽しく過ごしました。

子供2人がそれぞれ別々の絵本を読んで欲しいと持ってくるので、長男は私が、次男には先輩ママが読んでくれました。

大人が1人増えるだけで、こんなにも助かる!構ってくれる先輩ママがいてくれて、子供たちも楽しそうでした。

チャイルドシートの乗せ下ろしも手伝っていただきました。

 

その他、自宅にも1度来ていただいてお話ししたり、子供2人と遊んでもらいました。

自宅安静で家にこもっていたので、子供も私も煮詰まっていました。

家に来てお話ししてくれるだけで、気分が変わりました。

支援を受けてよかったこと

私は切迫早産になりやすいらしく、1人目は切迫早産で1ヶ月の入院、2人目も切迫早産で2ヶ月の入院をしました。

今回3人目の妊娠で初期から切迫流産になっていたので、今回もっと入院が長くなるのでは…と思っていましたが、ホームスタートで育児を手伝っていただいて、無理せず自宅安静ができたこともあって、今回の入院は1ヶ月で済みました。

あの時ホームスタートを利用せず無理していたら、入院はもっと早まったんではないかなと思っています。

誰かに頼りたい時に相談できる場所があって、助けてもらえる制度があってよかったです。

ホームスタートとくしまの問い合わせ先

f:id:usagito:20170929123956j:plain

NPO 法人子育て支援ネットワークとくしま

問い合わせ先はかごや町のすきっぷになります。

tel.0886785200

knet-tokushima.jp

現在のホームスタートとくしまについて(休止の危機!?)

今年5月の記事です。資金難で休止の危機だそうです。そんな…。

www.topics.or.jp

産前産後ヘルパーともファミサポともまた違うタイプの、困っているお母さんに必要な支援だと思います。

ずっと事業継続して欲しいです。