BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

PUSHプロジェクトに参加!心臓マッサージとAEDの使い方を学ぶ

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

月見ヶ丘海浜公園で開催されたイベント「PUSHプロジェクト」に参加してきました。

1年間で心臓突然死でなくなる方は、日本だけでも7万人だそうです(!)1日200人の計算です。

心臓突然死の特徴は「いつでも どこでも だれにでも」起こる可能性があるそうです。決して他人事ではありません。

自分の夫が、子どもが、身近な人が心停止になった時に、助かる可能性を上げるため…胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使い方を学んできました。

参加したイベント

  • PUSHプロジェクト「ファミリープロジェクト」〜そばにいつ人にしか救えない命があります〜
  • 日時:2018年10月27日(土)
  • 内容:胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使い方を学ぶ
  • 参加無料

PUSHプロジェクトってなに?

PUSHプロジェクト

PUSUプロジェクトはNPO法人 大阪ライフサポートがはじめた活動で、今回参加したイベントは、四国PUSHネットワークの活動です。

PUSHプロジェクト

大切な人が倒れたとき、あなたにしてほしいことがあります。
AEDと心臓マッサージです。

胸をPUSHするだけの「誰でもできる心肺蘇生」で、救えるいのちがたくさんあります。

小さな子どもから年配の方まで誰でも参加でき、いのちを救うための対処を学べるのが、この”PUSHプロジェクト”です。

四国PUSHネットワークの先生方による講習です。

MEMO
今回講師に来てくださったのは徳島市民病院勤務 救急看護認定看護師の猪子さんです

講座の内容と感想

講座の内容と感想をご紹介します。

ぽん

親子で楽しく学べました

胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使い方を学ぶ

胸骨圧迫とAED

合計1時間の講座の中で、先生の説明を聞いたりDVDを見ながら胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの使い方を学びました。

死戦期呼吸についても知りました。これは知らないと、「呼吸している」と勘違いしてしまいそう。実際の音声や映像で知ることができました。

そして、「人が倒れていたら」と仮定して一連の流れを体験しました。

胸骨圧迫はけっこう力がいるんですね。どのくらいの力で押せばいいのか…このハートが音を出して教えてくれました。

適切な力で押すと音が鳴るハート

交代方法も練習しました。かなり力が必要だったので、救急車が来るまでずっと私一人で同じ力で胸骨圧迫をし続けることは不可能に近いと思いました。

ポイント
講習の最初に聞いた、「最初に人を呼ぶ」ことの大切さを、胸骨圧迫を実際にしてみて再認識しました。

PUSHプロジェクトは子どもも参加可能

PUSHプロジェクトは子どもも参加可能です。

猪子先生のお子さんも、小さな頃から繰り返し講習に参加することで胸骨圧迫とAEDの使い方をマスターしたそうです。

一緒に参加した友人のお子さんもPUSHを体験

MEMO
私も自分自身が倒れた時に、子どももいるしまだ生きたい!心臓マッサージとAEDで助かる可能性をあげてほしい。

自分の子どもや夫にもPUSHプロジェクトを伝えて、参加してほしいと思いました。(さらに言うと身近にいる同僚や近所の人にも…)

最後の質問タイムには参加者の方から色々な質問が出ました。

子どもの場合の胸骨圧迫の方法やAEDの使い方についても知ることができました。

当日の様子はラジオ番組「とくしま子育て課」で放送

当日の様子や先生のお話はラジオ番組「とくしま子育て課」で放送されます。

放送日は11月2日(金曜日)10:00〜10:30、(再)23:00〜23:30です。

とくしま子育て課 放送情報

  • 放送日時:毎週金曜日 10:00〜10:30、(再)23:00〜23:30
  • 周波数:FM79.1Mhz ※ 徳島市・鳴門市・小松島市・阿南市など
  • 聴取可能アプリ:Listen Radio ※ インターネット環境があればお聴きいただけます。

ぽん

ぜひラジオで聞いてみてね!

PUSHプロジェクトの開催について

PUSHプロジェクトは少人数でも開催可能だそうです。

詳細は四国PUSHネットワークにお問い合わせください(Facebookページがあります)

ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。