BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

アンガーマネジメント講座の口コミ感想:カンタンにできる実践方法やアイデア

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

日頃から子どものしつけや怒り方、怒りのコントロールについて悩んでいます。

子育ては忍耐?怒ることが多い私

MEMO

イライラたりカッとして子どもに対して怒りすぎてしまい、子どもの寝顔をみては落ち込んだり…。

言わなくていい一言を口に出して後悔したり。

そんな現状を変えたいと思い、徳島市で浪越あゆみさんのアンガーマネジメント講座を受講しました。

怒りのコントロールについて、アンガーマネジメント講座で学んだ内容や感想をご紹介します。

ぽん

長男は現在5才。もっと早く知りたかった!と思う内容でした
ポイント
今回の講座は徳島市の女性活躍推進セミナー2018のため無料でした。

通常アンガーマネジメント講座を個人で受講する場合は有料(2人以上3,240円)だそうです

アンガーマネジメント講座の感想・口コミ

アンガーマネジメント講座

アンガーマネジメント講座の感想・口コミをご紹介します。

講師の浪越あゆみさんについて

講師の浪越あゆみさんは、徳島県を中心にアンガーマネジメント研修を行っています。

講師の浪越あゆみ先生

浪越あゆみさんプロフィール

  • 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 アンガーマネジメントファシリテーター
  • 社団法人 全日本マナー協会認定マナーアドバイザー
  • 元客室乗務員。
  • 現在はマナーアドバイザ―として、四国中心に企業での研修、接客指導、店舗視察、学生向けマナー講座、アンガーマネジメントファシリテーターとして、アンガーマネジメント研修を行っている

アンガーマネジメントってなに?

アンガーマネジメントってなに?

まずはアンガーマネジメントについて、正しく知るところからスタートしました。

ぽん

アンガーマネジメントと言うと「怒らなくなる」と言うイメージをもっていましたが、そうではないそうです。
ポイント
アンガーマネジメントとは、

アンガー(怒り)マネジメント(後悔しないこと)

なんだそうです。

アンガーマネジメントについて詳しく知りたい方は日本アンガーマネジメント協会のHPを見てみてください。

怒った後の後悔2パターン

怒った後に出てくる「後悔」と言うものは2種類あるそうです。

後から後悔…

  1. 怒りすぎた後に出てくる後悔
  2. 本当は怒りたかった…と後から出てくる後悔

ぽん

どちらの後悔も経験あります…と言うか、よくあります

怒りについての説明を聞きながら、思い当たることがたくさん浮かびました。

アンガーマネジメントができるとどうなるの?

アンガーマネジメントができるとどうなるんでしょう?

ポイント
アンガーマネジメントとは、怒らないことではない

怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになること。

MEMO
私は家の中では怒りすぎて後悔し、外では「人目が気になる…外で大声で怒ったり厳しく怒ることに抵抗がある…」と思って家のようにしっかり怒る事ができません💧(これは子どもにも見抜かれていて、外では余計に調子に乗る傾向があって悩んでいます😵💧)

ぽん

アンガーマネジメントを実践すると、自分が怒ることに責任を持つことができ、人前でもしっかりと怒れるようになるんだそうです。

怒ること=マイナス ではない

怒りは自然な感情

今回の講座で印象に残ったことの一つは「怒ること=マイナスではない」と言うお話です。

ぽん

私は怒るのは悪いこと、良くないこと、だと思っていました。そう思いつつも怒ってしまうので、怒りに対して罪悪感を持っていました。

怒りとは人間にとって自然な感情の1つで、なくすことも不可能なんだそうです。

また、身を守るための感情(防衛感情)で、自分を守るため、大切な人を守るため、誰かを助けるための感情だと教えていただきました。

ぽん

そう考えると、怒りが悪いものという印象がかなり変わりました。

マイナス感情をためるコップ

自分の「マイナス感情をためるコップ」はどのくらい?

マイナス感情をためるコップ」のについてのお話がありました。

怒りは第二次感情で、怒りの前には「不安・つらい・悲しい」などの第一次感情があります。

そのマイナスの感情はコップの中に蓄積されていきます(このコップにはマイナス感情しかたまりません)

コップがマイナス感情で溢れてしまうと噴火します。

小さいコップなら小噴火を繰り返し、大きいコップならいーっぱい溜めて…大噴火。

MEMO
これは大小どちらが良いとかの話ではなく、自分のコップの大きさを把握し、うまく付き合っていく(コップから溢れそうならストレス発散などで溢れないようにコントロールする)ことが大切なんだそうです。

子どもの問題行動を責めても問題は改善しない

講座の中で、子どもの問題行動を責めても問題は改善しない、と言うお話がとても印象に残っています。

子どもが問題行動をした時に、問題行動そのものについて怒っても改善せず繰り返すそうなんです。

ぽん

これはすごく腑に落ちて、参考になりました

問題行動と言うのはマイナス感情がたまりコップが溢れて噴火している状態なんだそうです。

その状態で、「なんで〜したの」「何回同じこと言わせるの」「ダメって言ったでしょ」などと表面上の問題行動だけを責めても繰り返して改善しない。

NGな例

まずはコップの中のマイナスを取り除く必要があるんだそうです。

ポイント
問題行動ではなく、ひとつひとつのマイナスに目を向ける事が大切

ぽん

具体的な方法として、「最近何かあった?」「もしかして今日なんかイヤなことあった?」「不安なことある?」等、聞いてみると話してくれたりするんだとか💡

怒りの正体を探る「〜べき」

講座の中では自分の怒りの正体も探ってみました。

「〜べき」って一見正しいようで、なかなか厄介な言葉ですね。

自分が考える「こうあるべきだ!」を書き出してみると分かりますが、これって本当に人それぞれです。友人でも、夫婦でも違います。

ぽん

自分の中の常識と言うか「べき」が絶対に正しいわけじゃないよね。と反省しましたし、自分自身の奢りにも気がつかされました。

怒りは上から下へ流れる

怒りは上から下へ流れるそうです。

例として、会社の上司からパパへ、パパからママへ、ママから子どもへ、子どもから妹や弟へ、子どもから外(学校)へ…

ぽん

怒りを連鎖させないために、まずは自分がしっかりアンガーマネジメントできるようになりたいです!

アンガーマネジメントの実践方法・アイデア

実践方法・アイデア

講座聞いただけでアンガーマネジメントができるようにはなりません。

訓練です。とにかく訓練が大切です。

講座の中では実践のための方法やアイデアを色々教えていただきました。

その中で私が取り入れて現在実践しているものをご紹介します。

3週間実践してみる

まずは3週間実践してみる事が大切と言う事で、現在実践中です。

まだ3週間は経っていませんが、自分自身変化を感じています。

どのように変わったか、また記事にまとめたいと思います。

6秒待つ

怒りが口から飛び出そうになったら、6秒待ちます。これも実践しやすいです。

胸の前で両手をクロスして両肩をトントンするなど、何か気を紛らわせることをするといいそうです。

ちなみにこの阿波弁イラストはLINEスタンプ「阿波っ子うさぎ2」に入っています。(昔作りました)

LINEスタンプ「阿波っ子うさぎ2」

怒りを数値化してみる

怒りの数値化も実践中です。

10段階で数値化してみると、けっこう大した事ない数字が多い。なのに、あんなに怒ってたのか…と反省しました。

怒りに強弱をつける

怒りの数値に合わせて、怒りに強弱をつけています。

ぽん

今まで、怒りが1の時も5の時も同じように怒っていた気がする…子どもも「あーハイハイ、ママがまたなんか怒ってる」って思ってたのかも💧

実際に数値化してみると「怒る」ほどのことはあまりなくて、怒ること自体が減ってきました。

だからこそ、本当に怒っている時は伝わるようになるのかな…と思っています。

怒りの日記:アンガーログをつける

アンガーログ

講座の中で日時と単語で記録する怒りの日記「アンガーログ」もおすすめされていました。

これは専用アプリもありますが、1人では続かないと思ったので一緒に講座を受講したママ友と2人で専用のLINEグループを作って、そこに書き込んでいます。

2人だけのLINEグループ「アンガーログ」

怒りの数値:内容を自由に記録しています。日付はLINEなので勝手に入ります。

単語で記録するためお互い相手の書き込みを見てもよく分からないけど、相手が書いている事で自分も怒りを感じたら書いとかなきゃー!と思って数値化して書くようにしています。

ぽん

一人じゃすぐ辞めてしまいそうな方にはおすすめです。夫婦でやってもいいですね
MEMO
記録する事で、自分の怒りがどこに向いているのか、自分がどう言う内容で怒りを感じるのか客観的にみる事ができています。

また、後から見ると「この程度のことじゃん」と思うような内容だったり、イライラが多かった日は自分の体調不良が影響していたりと気がつく事がたくさんありました

ちなみにこんな感じで書いてます。(公開できるやつ↓)

今見ると笑って済ます程度のことなんだけど、その時点では「いつも言ってるのに!」「なんで!」とイラ〜!っとしました🤣アンガーログ、こういう振り返りができるのもいいです!

YouメッセージではなくI(アイ)メッセージで怒る

今回の講座で聞いて実践していることのひとつが、「YouメッセージではなくI(アイ)メッセージで怒る」ことです。

アンガーマネジメントができると、主語が You(あなた)→ I(私)で怒ることができるそうです。

  • You(あたな)で怒る
    例「どうしてあなたはいつも〜〜するの?」
  • I(私)で怒る
    例「私は〜〜してほしくなかった」

今まで私は子どもに対して「どうしてあなた(息子)は〜〜したの?」「さっき注意したのに、何故あなた(息子)は〜〜するの?」と怒っていました。

この講座を受けてからは、「私は〜〜してほしくなかった」「私は〜〜〜が嫌だと思った」と主語をI(自分)に変えて伝えることを意識しています。

ぽん

これは実践しやすくて、継続できそうです。日常的に取り入れているので、いつか意識しなくてもできるようになるといいなと思ってます

さいごに

怒りのコントロールについて、アンガーマネジメント講座で学んだ内容や感想をご紹介しました。

このブログでご紹介した内容は講座のごく一部で、実際には具体的なエピソードの紹介やワークもあり心にストンと落ちてくる講座でした。とても勉強になりました。

そして実践してみることで、私は少し前進することができました。

ぽん

目から鱗なお話がいくつもありました。受けてよかったです!現在、私もアンガーマネジメント実践中です。

日常生活にアンガーマネジメントを取り入れてみた感想や変化も、またブログでご紹介したいと思います。

アンガーマネジメント講座の受講方法・料金

受講方法・料金

今回の講座は徳島市の女性活躍推進セミナーのため無料でしたが、通常は講座の受講に料金がかかります。

県や市町村で無料講座を行っている場合もありますので、市町村のHPなどで情報をチェックしてみてください
(2018年秋は徳島県・徳島市でアンガーマネジメントの無料講座が開催されました。今後もまた開催されるかもしれません)

今回の講座は徳島市の女性活躍推進セミナー

今回の講座は徳島市の女性活躍推進セミナー2018の講座のうちの1つです。

対象となるのは以下の女性等です。

  1. 就職・再就職を考えている女性
  2.  働きながらスキルアップをめざす女性等

無料で受講することができ、託児も付いています(託児無料・要申し込み)

徳島県労働福祉会館(わーくぴあ徳島)4階で開催されるので、託児を申し込んだ場合はこどもたちは会場となるファミサポ徳島のキッズルームで過ごします。

2019年2月までの間、他にも様々な講座が開催されていますので興味がある方はチェックしてみてください。

徳島で浪越あゆみさんのアンガーマネジメント講座

浪越あゆみさんのアンガーマネジメント講座は、2人以上集まるとカフェなどでも3,240円で開催できるそうです(団体の場合は別料金)

詳細はアンガーマネジメントファシリテーターの浪越あゆみさんにお問い合わせください。

講師の浪越あゆみ先生

ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。