BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

自分の時間が欲しい!私が「やめた」家事リスト。家事の時短と効率化のメリット・デメリット

家事って、好きですか?

私は自他ともに認めるズボラ!家事も嫌いです。

MEMO
私は結婚する時に、「食器は何があっても洗わない」宣言をしたくらい、食器洗いが特に嫌いです。(食器は夫が洗うことを約束して結婚しました)
入院した産婦人科の方(確かお子さんが5人くらい)から、「私は忙しい時は紙皿にしてたわ」と聞いて「いいアイデア!」と思ったくらいには、食器を洗うのは嫌いです。

最近、とあるグループで1人1つ「やめる」宣言をしました。
その中で家事の一部を「やめる」と言う方もチラホラいらっしゃって…自分と同じ内容の「やめる」に共感しました。

そこで、私の「やめた」家事をリスト化してみました。

ぽん

家事の時短に関するアイデアや、夫婦での擦り合わせ、やめたことによるメリット・デメリットをご紹介します。

私が「やめた」家事はこれ!

私が「やめた」家事はこちらです。

ぽん

我が家はやめている家事がかなり多い方だと思います。(と言っても別家庭と詳しく比較したことがないので、想像ですが…)

私がやめた家事リスト

  1. 洗濯物を干す
  2. 洗濯物をたたむ
  3. 掃除機をあてる
  4. 食器を洗う
  5. 献立を考える
  6. 買い物に行く
  7. 食材を切る
MEMO

もちろん全て、完全にやめたわけではありません。

一部をやめたり、機械に頼ったり、頻度を減らしたりすることで、「全部やる」のをやめました💡

やめた家事の代わりに取り入れた家電・時短アイデア

やめた家事の代わりに取り入れたものをご紹介します。

洗濯〜乾燥までドラム式洗濯乾燥機に全てお任せ

洗濯はドラム式洗濯乾燥機に全てお任せしています。洗濯から乾燥まで…ボタン1つで仕上げてくれます。
乾燥後はふわふわ。洗濯物を干す手間・取り込む手間から解放されました。

メリット
洗濯物を「干す」作業がない。家事の時短になる。楽ちん
デメリット
服が痛む・縮む

洗濯物はたたまない。ハンガーにかけるor引き出しに入れるだけ

洗濯物はたたむのを辞めて、ハンガーにかけるor引き出しに入れるだけにしました。

メリット
洗濯物を「たたむ」作業がない。家事の時短になる。楽ちん

ぽん

5歳の長男はきちんとたたんで入れる派で、「ママまた適当に入れてる!」と自分でたたみなおして入れてます😅(ただし自分の分だけ)

私も夫も気にならないけど、家族の中で長男だけは時々そこは気になるようなので、これもまた今後擦り合わせします💡

床はロボット掃除機にお任せ

買ってよかったナンバーワン!のロボット掃除機

床掃除はロボット掃除機を使っています。

ダスキンのロボット掃除機siroのレンタルお試しレンタルしてすごくよかったので、結局購入しました!

床に掃除機をかける時間がなくなり、楽ちんです。

床にモノを置けない、置いているものを片付ける必要はあります。

今までだと片付けの後に掃除機をあてる家事の時間が必要でしたが、今は片付けだけであとはロボット掃除機にお任せです♫

メリット
家事の時短になる。楽ちん
徳島でお掃除ロボ レンタル体験!ロボットクリーナーSiRoを2週間1000円でお試し【ダスキン沖浜】

三角型が気に入って、ルーロを購入しました。

食器洗いは食器洗浄乾燥機にお任せ

食器洗いは食器洗浄乾燥機にお任せ!ボタン一つでピカピカになり、乾燥まで終わっています。

我が家では食器洗いは夫の担当なので、食器洗浄乾燥機を熱望したのは夫でした。

メリット
家事の時短になる。楽ちん。手が荒れにくくなった。

買い物は通販や食材宅配サービスを利用

買い物は通販や食材宅配サービスを積極的に利用しています。

MEMO

休日の半日は食材や生活用品の買い出しで終わる…これが我が家の毎週の定番でした💦

子ども3人連れての買い出しは…結構大変😅

通販や食材宅配サービスを積極的に利用するようになって、随分楽になりました。

メリット
今まで買い出しで潰れていた休日の半日がフリーになり、子どもとどこかへ遊びに行ったりできる

ちなみにこのカートがあるとスーパーでの買い物(子ども2人連れの場合)が随分楽になりました。

徳島で2歳差育児。2人乗りカートはこども2人連れでの買い物に超便利!

食材キットの活用

宅急便で届くオイシックス

食材キットも時々、取り入れています。

ぽん

特に仕事後に子どもを保育園に迎えに言って、夕食準備を1人で行うときなど、夫がいなくて1人の時や時間のない時に助かってます。
メリット
  • 献立に悩まない
  • 栄養バランスなども考えられている(素人の自分が考えたものより良さそうに感じる)
  • 食材がある程度切ってあるので、時間がないときでもサッと作って出せる

これまでにこんなサービスを利用しました。

家庭、夫婦、人によって違う家事の許容範囲やこだわり

家事のやり方、こだわり、許容範囲は家庭によって、夫婦によって、1人1人違っています。

私自身はデメリットよりもメリットが大きいのでこれらの家事の時短や簡略化を取り入れていますが、人によってはビックリ!かも?

ぽん

便利な時代に感謝!

その辺りのお話は、山本裕介さんの講演で行なったトークセッションがすごく面白かったです。

MEMO
参加者1人1人が書き出した家事を「楽しい ○」「仕方なくやっている △」「やりたくない ×」に分類し内容をグループでシェアしました。人によって好きな家事や気になるポイントが違っていて面白かったです。

家事育児の分担どうしてる?不公平感ある?山本裕介さんの講演会の感想

家事の一部を「やめた」メリットとデメリット

家事の一部を「やめた」ことでメリットとデメリット、どちらもありました。

メリット

家事の一部を「やめた」ことで、それまでよりも家事以外に使える時間が増えたことはメリットです。

また、単純に家事と言う労働を減らしたので「楽」です。

  • 家族の時間が増える
  • 自分の時間が増える
  • 家事労働時間が減って楽

デメリット

家事の一部を「やめた」ことで、もちろんデメリットもあります。

  • 家事スキルが向上していかない気がする
  • 自分のズボラさに磨きがかかっている気がする
  • 洗濯乾燥機を使うと服が痛んだり縮んだりする

ぽん

他にも自分が気にしてないだけで、いっぱいあるかも!?

夫が反対する!?夫婦での擦り合わせ

家事については、家庭によっても、夫婦でも、1人1人考え方が異なります。

我が家は幸い(?)夫婦ともに家事に対する考え方が似ていたので、私も夫も様々な家事を「やめる」ことに賛成でした。

ぽん

夫がおおざっぱであまり気にしない性格で…助かった!!😅

そんな我が家でも、夫婦で意見が食い違うこともあります。

私は気にならないけど、夫は気になるとか。その逆もあり。
家事のやり方にこだわりがあったり。

ポイント
夫婦で家事に対する考えや許容範囲が違うと、擦り合わせをする必要もあります。

私が家事を「やめた」理由と今後

私が家事を「やめた」理由と今後について考えてみました。

やめた理由

「やめる」決断をしたのは子どもが生まれて、育休から復帰して、ペットの介護もスタートして...それまでの方法では家事を回していけなくなったことが理由です。

下半身が動かないペットの介護の関係で、ペット関係の洗濯だけで1日に3回洗濯機を回して干していた時期もありました。

気づいたこと
でも、子どもが3人(2019年現在5才3才1才)いることや仕事をしていることは、実はそんなに関係ないことに最近気がつきました。

もちろん単純に家事にかける時間が取れないから今のスタイルになったのですが、根本的には性格が一番大きいです。

事実、子どもが0才から1才になり夜も寝るようになって、ペットも看取って…以前より時間に余裕ができても、やめた家事はそのままです😅

ぽん

特にロボット掃除機は便利すぎて、もう元のスタイルには戻れない…✨

今後、家事の時間は増やす?

今後、家事の時間を増やすかどうかについて考えてみました。

MEMO
子どもたちもだんだんと大きくなり、お手伝いもできるようになってきました💡

窓拭きに夢中になる3人の子どもたち

ぽん

スーパーや産直に買い物に行って食材を色々手にとって見るのは好きなので、買い物の時間は今後増やしていきたいと思います。料理の時間も増やしたい!

長男は几帳面なところがあるので、洗濯物をたたむのを任命したい。

次男はのんびりしていてマイペース。好きなことなら進んでやってくれるので、いずれ何か任せられたらいいな。

夫は今後仕事が忙しくなる可能性があるので、状況をみながら夫婦で話し合います。

ぽん

家族それぞれで、得意なことを分担していけたらいいなと思います

家事を「やめる」ことへの罪悪感

 

家事全般に言えることなんですが、時短とか簡略化することに謎の罪悪感があります!

ぽん

私の母はハンカチにきちんとアイロンをあてて、キレイにたたんでからタンスにしまっていました。なんでも丁寧に行なっていました。なので、「時短になるし楽だけど…これっていいんかな!?」って思うことがあります
  • 家事をあまりしていないことを、人に堂々と言いにくい(めっちゃズボラって思われそう!←実際ズボラなんだけど、見栄が発動する)
  • 常識?正しいやり方?と自分が思っていたものを変えて「やめて」いるので、悪いことをしているような気分になる

この辺りのモヤモヤは、育った環境や固定概念など色々絡んでいるんだろうなぁと思います。

またゆっくり考えてみたいと思います。
(家庭の家事や夫婦での分担について興味がある方、一緒に考えませんか?)

さいごに

私の「やめた」家事一覧と、やめたことによるメリット・デメリットをご紹介しました。

夫婦の家事育児の分担に興味がある方は、よかったらこちらの記事もどうぞ!

家事育児の分担どうしてる?不公平感ある?山本裕介さんの講演会の感想

その後:シルバー人材センターに家事を外注してみた!

その後、家事の外注を利用してみました

うちの家事、回ってない…徳島市シルバー人材センターに家事代行を依頼!2時間で部屋がピカピカに