BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

絵本レビュー「あいつとぼく」すきじゃないともだちとの関係

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

図書館で借りて読んだ絵本の紹介です。

5才の息子用に借りました。

「ぼくは、あいつがすきじゃない」そんな言葉からはじまる、ともだちとの関係を描いた1冊です。

「あいつとぼく」感想

絵本情報

  • 「あいつとぼく」
  • 辻村ノリアキ 作
  • 羽尻利門 絵

絵は徳島県阿南市に在住の絵本画家・羽尻 利門さんです。

あらすじ

小学生の男の子が登場する絵本です。5才の息子用に借りました。

5才になるとおともだちとの付き合いも広がりや深みが出てきます。

同じクラスにいる「すきじゃない」ともだちのことが「ぼく」目線で語られます。

  • 「ぼく」は室内で遊ぶのが好きな男の子。
  • 「あいつ」は外で遊ぶのが好きで、いつもいばってて、らんぼうで、自分勝手で…さらに「かおがなんかおっかない」

「ぼく」は「あいつ」にかなり苦手意識があるようです。

そんな二人が、運動会で二人三脚をすることになって…と言うお話です。

感想

勢いのある二人三脚の絵に、親子で引き込まれました。

5才の息子もかなり真剣に聞いていました。(続きや結果が気になったようです)

苦手な「あいつ」のことを知って、「ぼく」の気持ちにも少し変化が。

言葉で伝え合うのではなく、態度に変化と言うのが男の子っぽいなぁと思いました。

変わっていないようで、少しだけ変わった最後の日常のひとコマもよかったです。爽やかな気持ちになりました。

created by Rinker
¥1,404 (2018/11/17 12:36:49時点 Amazon調べ-詳細)
ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。