BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

絵本レビュー「いのちのおはなし」人が生きていく上でとても大切なことについて

とても素敵な本に出会いました。

図書館で借りて読んだ絵本の紹介です。

いのちのおはなし(文:日野原重明)

医師の日野原重明先生がおこなっていた「いのち」についての授業の内容が絵本にまとめられています。

95歳のわたしから、10歳のきみたちへ「いのちは、どこにあると思いますか?」

表紙カバーの見返しには以下のように書かれています

95歳のわたしから、10歳のきみたちへ
「いのちは、どこにあると思いますか?」
引用元:いのちのおはなし 表紙カバー見返し

いのちについて、分かりやすく書かれています。

10歳くらいのお子さんに向けた授業の内容をまとめた絵本ですが、とても分かりやすく書かれているので10歳以下のお子さんでも理解できると思います。

人が生きていく上でとても大切なことが書かれています。

大人にもおすすめ。

自分の時間(いのち)を自分以外の人に使うこと、人に時間を使ってもらうことについても触れた、シンプルで深い内容でした。

「あとがき」に書かれていた「宿題」は、子どもが字が書けるようになったらしてみたいと思います。