BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

徳島で防災講座「ある日学校が避難所に」Fellowship77主催)に参加した感想

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

こんにちは、ぽんです。

小さい子供が3人いて、ペットもいるのに防災意識が低くて…正直、なんの準備もしていない…。

そんな低い防災意識を変えるべく、徳島市の渭東コミュニティセンターで行われた防災講座に参加しました。

「ある日、学校が避難所に」Fellowship77主催の防災講座

f:id:usagito:20180113085231j:plain

どんなイベント?

防災イベント「避難所あるある」第2部です。

地域住民、学校に残っていた子どもたち、たまたま近くにいて避難してきた方たち、赤ちゃんと一緒、ペット連れと、避難所には様々な人がやってきます。
地域住民だけではないんです。

避難してきた様々な人たちと、どう協力して避難所運営したの?
困ったことは?
親と離れてしまった子どもたちは、どうだったの?

ゲストに、東日本大震災時に勤務先の学校で被災し、突然、学校が避難所になった現役の小学校の先生をお招きして、地域の方たちとの避難所運営について、わかりやすくお話していただきます。

引用元:Facebookイベントページ ある日、学校が避難所に

ゲストはどんな方?

ゲストのお二人です。紹介文はチラシより引用しています。

  • 宮本道子さん

震災当時、避難所になった東松島市立矢本東小学校勤務。

震災時は通常学級の担任だったが、特別支援学級経験も多く、特別支援教育コーディネーターにもなっている。

  • 宮本約さん

震災当時、津波により浸水し避難所にもなった石巻市立住吉小学校勤務。

発災時は6年生担任。3月29日に11日遅れの卒業式を行った。宮城県防災指導員。[3.11メモリアルネットワーク]会員

参加した感想

※写真は全てFellowship77さん提供です。

ゲストのお2人のお話。「伝えたいことがありすぎて時間が足りない」

ゲストの宮本さんが「伝えたいことがありすぎて…」とおっしゃっていましたが、お話を聞いていて、本当にそれがひしひしと伝わってきました。ものすごい情報量でした。

様々なことが起こり、どのようにしたのか、どう感じたのか、どうすればいいのか…。

「まさか津波が来るとは思ってなかった。誰も思っていなかった」と仰っていたのも印象に残っています。

私も今徳島で暮らしていて、同じように「まさか津波なんて…」と思ってしまっています。

何が起こるかなんて分からないのに、なんとなく大丈夫だと思ってしまっているんですよね…。

実際の避難所生活のお話など、とても貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。

f:id:usagito:20180118235750j:plain

後半はグループディスカッション。もし被災したら…

避難所生活も、まずは命があってのこと。命を守るためにどうすればいい?

明日被災したら、まず何が困る?どうする?何がいる?連絡は?

グループディスカッションで様々なことを話し合いました。

f:id:usagito:20180118235752j:plain

  • 地震や津波来たら保育園にすぐに迎えに行きたい。子供が心配!でも行かない方がいいの?
  • 家族でそれぞれどこに行くか、決めていない。指定避難所って?
  • 避難所に行った方がいいの?自宅にいた方がいいの?
  • ペットどうしよう。人間の支援物資はあっても、ペットフードはきっと後回しになる
  • 必要なものって何?
  • 子供3人との避難所生活の想像がつかない…
  • 地域の備蓄倉庫が流されちゃったらどうなるの

一例ですが、このような感じで各グループで話し合いました。

f:id:usagito:20180118235806j:plain

答えが出ない内容もある。でも、話し合っておくことが重要

ゲストの方もおっしゃっていましたが、答えが出ない内容もあります。

でも、話し合っておくことが重要だそうです。

f:id:usagito:20180118235809j:plain

参加してよかった!このイベントがきっかけで、家族と防災について話し合いました

実際に被災した場合、避難所生活を想定しての話し合いはとても貴重な体験でした。

まず、想像がつかない。分からない。

こうじゃない、ああじゃない、と話しているうちに、

  • 「うちには備蓄が全く足りていない。買おう」
  • 「ペットフードは2階と1階に分けて置こう」
  • 「〇〇の場合はここに連絡・集合」
  • 「保育園の緊急時の連絡や避難所について再確認しよう」
  • 「笛とか耳栓がいる」

…など、様々な想定をして、「我が家の答え」と「しておくこと」が少しづつ出てきました。

正解じゃないかもしれない。

けど、備えておけば、もしもに時に助かったり、迷わないかもしれない。

正解の無いことを話し合うことの大切さを感じました。

今、話しあっておいて良かったです。

f:id:usagito:20180118235815j:plain

また、地域とのつながりや連携って大切だなぁと思いました。

とても為になる講座でした。参加して良かったです。

Fellowship77 ホームページ・Facebook

fellowship77 | こどもヂカラを育てよう

Fellowship77 – ホーム | Facebook

ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。