BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

こどもの弱視用治療眼鏡38,300円。手続きで100%戻ってきた

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

5歳の息子の弱視治療用眼鏡を購入しました。

お値段38,300円。一旦自分で支払うのですが、手続きをすることで全額戻ってきました。

こどもの治療用眼鏡の療養費請求について、まとめました。

その他の弱視の記事を見る

こどもの弱視用治療眼鏡は保険適応

9歳未満のこどもの弱視用治療眼鏡は保険適応になります。

保険組合の療養費と公費(乳幼児医療など)の支給対象

こどもの弱視治療用眼鏡は、保険組合の療養費公費(乳幼児医療など)の支給対象になります。

なので、手続きは保険組合と市町村の2カ所で必要になります。

  1. 保険組合(7〜8割)
  2. 市町村(2〜3割)

徳島市の場合

徳島市の場合、保険組合+子どもはぐくみ医療(徳島市)の対象です。

補助の上限額

支給対象になっていますが、上限額が決まっています。

眼鏡の場合は3,8000円程度が支給上限となるようです。

MEMO
治療用眼鏡の作成の場合、病院や眼鏡店で上限額や手続きのことなど教えてくれました。

支給対象は年齢によって制限あり

支給対象は年齢によって制限があります。

  • 5歳未満…前回の眼鏡処方から1年以上経過している場合
  • 5歳以上9歳未満…前回の眼鏡処方から2年以上経過している場合
ポイント
例えば治療によって視力が上がって眼鏡が合わなくなった場合や、壊れてしまった場合など眼鏡を作り直す場合に、前回の眼鏡処方から指定年数が経過していなければ全額自費になります。

弱視用治療眼鏡の療養費請求の流れ

弱視用治療眼鏡を支給上限内で作成した場合の、療養費請求の流れです。

  • STEP.1
    眼鏡を作成し自費で全額支払う
    処方箋を持って眼鏡店で治療用眼鏡を作成後、まずは自費で全額支払います
  • STEP.2
    保険組合の手続き
    処方箋や眼鏡の領収書(原本)を持って加入している健康保険組合で手続きをします。
  • STEP.3
    健康保険組合から入金
    健康保険組合から7割〜8割の金額が入金され、振込金額が記載された通知書も届きます。
  • STEP.4
    市役所で手続き
    残りの2〜3割の自己負担分は市町村で公費(乳幼児医療など)での手続きになります。

    市町村に処方箋や振込金額の通知書を持って行き手続きをします。

  • STEP.5
    残りの金額が入金
    残りの2〜3割の金額が振り込まれます
  • STEP.5
    手続き完了
    支給上限内で購入の場合、全額戻ってきたら手続きは全て完了です

さいごに

手続きをすることで100%戻ってくる弱視用治療眼鏡の作成費。本当にありがたいです。

手続きには領収書や処方箋が必要になります。

眼鏡購入の領収書は必ず受け取り、保険組合の手続きで提出するまで大切に保管してください。

5才弱視治療。アイパッチ購入!遮閉訓練スタートしました 4歳〜5歳のこどもの弱視検査と治療。徳島で左不同視弱視の治療用眼鏡を作りました
ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。