BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

神山4K・VR徳島映画祭2018「きらめきの海空」感想。おもしろくて興味深い海の生き物たち

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

2018年11月22日〜24日に神山町で開催された「4K・VR徳島映画祭2018」に行ってきました!

私は24日にとくしま4K水族館「きらめきの海空〜TOKUSHIMA 4K AQUARIUM EDITION〜」を子どもと一緒に見てきました。

とても素敵な作品でした。キレイな映像というだけでなく、生き物の特徴や生態を知ることができておもしろかったです!

画像提供元:株式会社 丸菱さん

「きらめきの海空」は、なんと4K・VR徳島映画祭2018で「ニューフェイス賞」を受賞したとか。

映画を見た感想と、一緒に鑑賞した子どもの反応もブログでご紹介します。

神山4K・VR徳島映画祭2018に行ってきました!

神山の4K・VR徳島映画祭2018に行くのは、今回が初めて。

4K・VR徳島映画祭2018のパンフレット

会場は、神山町立広野小学校(旧校舎)です。小学校の校庭が駐車場になっていました。

校庭の端には遊具があり、子どもたちが遊んでいました。

会場となった神山町立広野小学校。映画祭の日は広い校庭が駐車場になっていました。

映画祭と言っても映画の上映だけが行われているのではなく、ライブ会場、マルシェのような感じで神山の特産品が売られるなどお店の出店、飲食スペースもあって賑わっていました。

会場内とスクリーン。上映中は電気が消えて、真っ暗になります

今年はこちらの会場で「きらめきの海空」を鑑賞してきました。

海陽町の海のいきものを映像で見る!「きらめきの海空」

画像提供元:株式会社 丸菱さん

4K・VR徳島映画祭2018で「ニューフェイス賞」を受賞したとくしま4K水族館「きらめきの海空〜TOKUSHIMA 4K AQUARIUM EDITION〜」(30分Ver)を鑑賞しました。

MEMO
「きらめきの海空」は、海陽町の竹が島海域公園内にある「エダミドリイシ」というサンゴの産卵映像と、その海域周辺に生息する45種類の海の生き物を登場させた「とくしま4K水族館」シリーズの映像です。

「きらめきの海空」は小さなお子さんも楽しめる作品

小さい子ども連れで行って大丈夫かな〜(映画中に騒いだり泣いたりしたらどうしよう…💦)と思っていましたが、「きらめきの海空」は30分Verのため子どもにも丁度よく、さらに子どもたちの興味を引く映像や内容と言うこともあり大丈夫でした。

徳島の海って、こんなにキレイなんだ…! 画像提供元:株式会社 丸菱さん

他の日には保育所の年長さんたちが先生と一緒に見にきていたそうですが、きらめきの海空のVRバージョンもすごく人気だったそうです。

海のいきものがたくさん登場して、子どもが興味を持って楽しめる作品だと思います🐠

「きらめきの海空」の感想と、子どもたちの反応

「きらめきの海空」を見た感想は、とにかく映像がキレイ!

そしてキレイなだけではなく、海陽町の海にいるたくさんのいきものの生態がおもしろい!

MEMO
「きらめきの海空」では「エダミドリイシ」というサンゴの産卵映像と、その海域周辺に生息する45種類の海の生き物が登場します。

生き物は、映像+ナレーションで特徴や生態について紹介されます。それがとっても興味深く、おもしろいです。

一緒に鑑賞した5才3才1才の子どもたちも、興味を持って見ていました。

「オジサン」と言う名前の魚には会場内のあちこちから笑い声が🤣5才と3才の息子も、「オジサン」に笑っていました。

これが…「オジサン」だ! 画像提供元:株式会社 丸菱さん

1才の娘は「チョウチョウウオ」が出てきたときは、「チョウチョー」と手で蝶のマネをしてナレーションに反応。(魚だから蝶じゃないけど…)

1才なりに、初めて見る海の生き物を楽しんだのではないかと思います。

ぽん

昆虫と同じように、子どもの頃の姿と大人になった姿が全く異なる魚もいました。いろんないきものがいて、おもしろい!

大人も子どもも惹きつけられ、楽しめる内容でした。

世界初!4K映像撮影に成功 エダミドリイシ(サンゴ)の産卵

世界初の4K映像の撮影に成功した、エダミドリイシ(サンゴ)の産卵の映像のシーンです。

超貴重なエダミドリイシの産卵映像 画像提供元:株式会社丸菱

サンゴの産卵には子どもたちも映像に釘付けに。

MEMO
サンゴ「エダミドリイシ」は1年に1度、ある夜のある時間にだけ、一斉に産卵をはじめるんだそうです。

1年に1度だけの産卵…すごい。宇宙の中にいるような…すごく神秘的で美しい映像に感動しました。

5才の長男は映画が終わってから「サンゴって植物なん?海草なん?なんで卵産むん?動物なん?」と質問攻め。

ぽん

ちょっと待って…私も分からない😅調べよう

終了後は5才息子が魚の泳ぎ方をマネしたり、翌日には3才次男は映像で見た海の生き物を絵で描いていました。

30分の映像は、子どもたちの心にしっかりと残ったようです✨

ぽん

私も海の生き物が好き(若い頃はアクアリウム系のお仕事をしていました)なので、子どもが興味を持ってくれて嬉しいです!私自身も、そして子どもも徳島の海に興味を持つきっかけになりました。

youtube「きらめきの海空」ダイジェストVer

youtubeでは「きらめきの海空」のダイジェストバーションを見ることができます。

ぽん

アクアリウム好きな方もそうでない方も、是非見てほしいです!とても美しく、貴重な映像です✨

「きらめきの海空」は海陽町の「海洋自然博物館マリンジャム」で上映中

この「きらめきの海空」は海陽町の「海洋自然博物館マリンジャム」で10月28日より上映が開始されています。

マリンジャムに遊びに行った時には、是非ご覧ください。

制作は神山町の映像制作会社 株式会社丸菱

制作は神山町の映像制作会社「株式会社丸菱」さんです。

今回のフライヤーからこの映像についての想いをご紹介させていただきます。

この作品を通じて阿波っ子たちが地元徳島の海の素晴らしさを体感し
これからもほこりを持って大切にしていけるよう想いを込めて
この作品をたくさんの子どもたちに見てもらえることを願っています。

“さあ、一緒に行ってみましょう、夜の、海の世界へ・・”

引用元:きらめきの海空 フライヤーより

さいごに

はじめての映画祭。親子で「きらめきの海空」を鑑賞し、心と記憶に残りました。

たくさんの生き物が出てくるので、別の生き物の紹介が出るたびに「へ〜!」「そうなんだ〜!?」と興味深かったです。

自宅で(私が好きなので)Amazonプライムビデオで地球の動物や生き物のドキュメンタリー映像(プラネットアースとかオーシャンズ系)は流していて子どもも一緒に見ています。

それらはどこか遠い世界の生き物で、別世界のように感じていました。

それが、この「きらめきの海空」の映像は徳島の海と言うことで、すごく身近に感じられて感動しました。

マリンジャムに遊びに行ったら、また鑑賞したいです✨

ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。