BFM791 ラジオ番組「とくしま子育て課」は毎週金曜日10:00〜

雨の日のとくしま動物園のおすすめポイントと口コミ・感想【梅雨〜初夏】

ぽん

こんにちは!ママ目線で徳島子育て情報を発信中のぽん
tponpです。

6月、7月は雨の日にとくしま動物園に遊びに行きました。
晴れの日よりも空いていてゆっくりと動物を観察できたり、雨の日ならではの動物の行動を見ることができて面白かったです。

ぽん

冬は寒くて無理だけど、初夏なら雨の日でもお出かけしやすいです
注意
雨の日のお出かけは、地面が滑りやすいのでご注意を。濡れて風邪をひかないように気をつけてね

雨の日のとくしま動物園のおすすめポイント

屋根付き、室内展示など、雨の日でも濡れずに見れる場所が多い

晴れの日には気がつかなかったんですが、屋根付きの場所や室内展示が案外多いです。

雨の日でも濡れずに見れる場所が結構あります。

キリンやシマウマ、カピバラがいるサバンナエリアは屋根付きの場所と、室内から見れる場所があります。

トラなどがいるタイガーブロムナードも室内から見れるし、レッサーパンダがいる場所も室内展示です。

それ以外にも少し歩けば屋根がある場所が多く、雨の日でも思ったより快適に過ごせるなぁと思いました。

晴れの日よりも人が少なく、ゆっくりと動物を観察できる

曇り〜雨の日はやはり晴れの日に比べると人が少なかったです。ゆっくりと観察できました。

混んでいる日に行くと、大人気のしろくまポロロのスペースでは順番待ちになることもあります。

お天気のいい日は混み合い気味のポロロスペース、雨の日は独占状態でした。

雨の日だから?普段とは少し違う動物の様子を観察できる

とくしま動物園、現在5歳の長男が産まれてから何度も行っていますが、カワウソが活発に動くのを見たのは初めてかも!

見に行く時間帯のせいなのか(?)高確率で寝てたんですよね…。

活発に動き回るカワウソ、新鮮でした!

 

フラミンゴって雨降っててもあまり気にしないのかな?両足で立ってるのはたまたま?

雨なのでゾウさんは室内にいました。この写真はおやつもらってるところ。上手にキャッチしてました!

サバンナエリアでは、カピバラは雨を全く気にしていないように見えました。
シマウマは雨で濡れるせいか、よくブルブルっと体を震わせていました。

このように、普段とは少し違う部分を見れたり新しい発見があり面白かったです。

とくしま動物園では急な雨でも安心!入り口とサバンナエリアに貸し傘あり

正面ゲート横の事務所には貸し傘があります。

同じくサバンナエリア近くにある室内施設にも貸し傘があります。

急な雨など傘を持っていない時に助かります✨

雨の日にとくしま動物園に行った口コミ・感想まとめ

雨の日にとくしま動物園に行ってみて、よかったこと

  • 晴れの日よりも空いてる
  • 室内展示や屋根付きスペース多数。濡れずに見れる場所も多い
  • 雨だから?普段と違う動物の行動を見ることができた
  • こどもがカッパ+傘での動物園を結構楽しんでいた

雨の日にとくしま動物園に行くデメリット

  • 雨のため展示中止の動物もいる
  • 雨で濡れる
  • 滑ったり、濡れて風邪をひかないように気をつけて
  • ピクニックはできない

ミーアキャットは雨の日はいませんでした。天候によっては出ていない動物もいます。

さいごに

雨の日のお出かけ、私自身は濡れるのが嫌いなので正直おっくうですが…😅

息子は雨の日のお出かけがすごく楽しかったみたいです。

ぽん

曇り〜小雨くらいなら、雨の日のお出かけもたまにはいいですねー
ご注意ください
内容は記事を書いた時点のものです。過去の記事は情報が古くなっている場合がございますのでご注意ください。最新情報は公式HP等をご確認ください。